2017年02月

btcc


仮想通貨と暗号通貨の違いについて最初に触れますが、
この二つの言葉に違いはありません。

ビットコインは開発段階で以下のように称されていました。


Cryptocurrency Bitcoin(暗号通貨ビットコイン)


このため、
海外では暗号通貨と呼ばれるのが一般的です。


ビットコインはオープンソースです。
ビットコインは世界中で使えるため、
「自由通貨」と呼ばれます。

お店で買い物ができたり、ATMで自国通貨としてお金がおろせたりもします。

世界中で使えるインフラが整備されているため、
ビットコインのみが自由通貨を名乗ることができます。


このビットコインのプログラムを使って色々な派生の暗号通貨が開発されています。
代表的なものとして以下が挙げられます。

Ethereum (イーサリアム)

Ripple (リップル)

Litecoin (ライトコイン)

Monero (モネロ)



RippleはGoogleが出資しているなど、
運営会社が決まっている暗号通貨も登場しています。


ビットコインは銀行のように、
途中で何処かを経由して送金するという仕組みではないのが特徴です。


ビットコインから派生した暗号通貨は、
ビットコイン以上の送金速度を誇るものも登場しています。


ビットコインから派生した暗号通貨というものは、
例えば以下のような機能を持っています。


・特定のウェブサイト上のみで使用し決済できる。
・ビットコインや自国の通貨に換金できる。
・価格変動の差が少なく、相場が一定している。
・ブロックチェーンと連動している。
・ビットコイン以上にセキュリティが強化されている。



等のように、
ビットコインをベースに改良されたものとなっています。



どちらにしても、
自由通貨の「ビットコイン」が無ければ生まれなかったものです。



改めてよく考えてみると、
ビットコインの凄さが伝わってきます。



ビジネスにリスクは付き物です。

「必ず儲かる」なんてことは有りませんし、
今取り組んでいるビジネスにどんなリスク(危険性)があるのかを知っているのと知らないのとでは大きな差があります。


ビットコインもビジネスです。


HYIPの悪質な運営者も居ないとは断言できませんが、
今取り組んでいるHYIPが閉鎖される可能性が無いとも断言はできません。


そのため、
ビットコイン関連のビジネスは全て自己責任です。

HYIP案件の閉鎖を紹介者のせいにしたり、
ビットコインで稼げないのを紹介者のせいにするのも有ってはならないことです。


HYIP閉鎖の一例ですが、
アトミックビットコインというものがありました。

ATOMIC





https://atomicbitcoin.com/


ある時ログインしたらいつの間にか閉鎖されていたという状況です。
自分の場合は10ドル投資金のみを失いましたが、
世界には大損した人や運よく大儲けした人が存在します。

他にはビットコピアーというものがあります。


https://bitcopier.com/


これも突如閉鎖されていました。
運営側を責めても、
投資金などは返ってこないと考えておかないといけません。


中には数十万円や数百万円の日本円をビットコインへ換金し投資をされておられる方もあります。
十分考えたうえでビットコイン投資に取り組むようにしましょう。


小額投資で複数のHYIP案件へ投資しておけば、
1つ潰れても他のHYIPで稼ぐ事ができます。

アトミックビットコインの場合は以下の3つのプランで、
永久配当を得られるとされていました。


①投資金に毎時間ごとの利息0.3%を付与(日利7.2%) 
②投資金に日利7.5%の利息を付与
③投資金に週利60%の利息を付与


このように高額な利率のHYIPは潰れる可能性も高くなります。
当然一度潰れたHYIPの復活なんてあり得ません。


国が被害者救済の措置を行うかどうかは分かりませんが、
使う側も慎重に投資を進めていかなければなりません。


ビットコインは決して世界の通貨市場を崩すものではないし、
使い方を間違えなければ一代で巨万の富を築くことができます。

メリット・デメリットをきちんと理解して、
これから長くビットコイン投資生活に取り組んでいきたいものですね。

bitminer


BitMiner(ビットマイナー)で毎日無料でビットコインをゲット!
登録はブロックチェーンで作成したウォレットIDを入力するだけです。

無料登録後のプランでは、
1日に0.0006BTCが自動的に貯まります。


引き出しは0.005BTCから可能で、
引き出し後はバージョンにより違いますが数日間引き出しができない仕様です。
(アフィリエイト成功数とバージョンによって変わってくるようです)


このマイニングシステムは、
バージョン1.2までアップグレードがおススメです。

※1.3以上のバージョンでは正常に動作が報告されていません。
完全に機能が動作していないという報告もあります。

1.3のバージョンへはアップグレードしない方が良いでしょう。


ビットコインへ携わっておられる方であれば、
必ず登録しておきたいのがこのビットマイナーです。


■バージョン毎の報酬

・Version 1.1
→1日に0.0012BTC貯まる。
→アップグレード費用:0.01BTC

・Version 1.2
→1日に0.015BTC貯まる。
→アップグレード費用:0.1BTC

・Version 1.3
→1日に0.15BTC貯まる。
→アップグレード費用:0.9BTC


・Version 1.4
→1日に1BTC貯まる。
→アップグレード費用:5BTC




BitMiner - free and simple next generation Bitcoin mining software



マイニング(発掘)という仕組みによりユーザーにBTCが与えられます。
現時点で最も初心者向けのBTC投資方法です。

ビットフライヤーもブロックチェーンも無料で登録できます。
まずは0.0006BTCを得ることで、
本格的なビットコイン投資案件の第一歩を踏み出してみてください。


btc2

2017年2月4日に放送された経済フロントラインより、
ビットコインの仕組みを解説した動画です。


動画を再生


ビットコインと電子マネーの違いや、
ウォレットについての説明も詳しく触れられています。

ブロックチェーンの仕組みを理解しておくことで、
今後のビットコイン取引がまた違う角度で取り組めます。

「仮想通貨」は管理者がいません。

「仮想」なので紙幣や貨幣はありません。



ビットコインで買い物ができる時代に突入しました。

これから長らく付き合っていくことになるビットコインです。
是非ご視聴ください。


welfunding


ビットコインのHYIP案件はP2P(Peer to Peer)という通信技術が用いられています。
世界中のユーザー同士のウォレットとウォレットを結んでBTC送金を行います。


Craze Btc(クレイジービットコイン)AIDP2PBTCもそうですが、
世界中のユーザー同士で通信が行われています。

HYIPの大元は通信の場所を提供しているだけであり、
これが潰れるのを防ぐ理由と言われています。

今回は新たに登場したwelfunding(ウェルファンディング)を紹介します。
世界中の利用者が短時間で豊かになることを目的として生まれました。






登録はこちらから

welfunding(ウェルファンディング)へ登録



このwelfundingは最初に0.07BTCのみ支払うことにより、
あとはレベルアップなどの操作を自動でやってくれます。

以下のような組織図になり、
紹介者も自動で増えていく仕組みです。


welfundhing2


レベルが上がるにつれ莫大なBTCが1度のみ入ってきます。
繰り返しますが最初に0.07BTCのみを支払うだけで良いのです。



ここまでインパクトのあるHYIPは中々ありません。


利用者を豊かにし、
巨万の富を与えるために生まれてきたのがwelfundingです。


何をするにも最初の一歩を踏み出すのは考えるものです。
しかし勇気をもって大きな一歩を踏み出せば、
豊かな未来が待っています。

参加する・参加しないは貴方次第です。
ご不明点はお問い合わせください。


登録はこちらから

welfunding(ウェルファンディング)へ登録


■日本語版 概要資料

■日本語版 登録マニュアル



このwelfundingは究極です。
この情報に出会えたことが奇跡です。


お問い合わせ


QR

↑このページのトップヘ